ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

緋色の花嫁―アルコラール家に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エストレーリャには、身持ちの悪い女というレッテルが貼られていた。父親のアルフレドはそのイメージを払拭しようと、次々に縁談を持ちかけ、娘を早く結婚させようとする。今日もラモン・ダリオという男性が訪ねてきた。これで十人目だ。彼の目的は、アルフレドが所有するテレビ局の買収。その条件としてあがったのが、エストレーリャとの結婚だ。父親に促され、彼女は沈んだ心でラモンの待つ部屋へと向かった。いつものように愛のないプロポーズを受け、いつものようにノーと答えるために…。だがラモンが口にしたのは、意外な言葉だった。

内容(「MARC」データベースより)
エストレーリャには、身持ちの悪い女というレッテルが貼られていた。父親のアルフレドはそのイメージを払拭しようと、次々に縁談を持ちかけ、娘を早く結婚させようとする。今日も、ラモン・ダリオという男性が訪ねてきた。

悩めるシンデレラ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
豪華な調度に囲まれた部屋でジーナは気後れしていた。ここは私のいるべき場所ではないわ。ジーナは生まれ落ちてすぐ養女に出された。死期の迫った祖父が苦労して彼女を探しだし、ほんのわずかの言葉を交わしたあと、亡くなった。今、遺言が読み上げられようとしている。私は何もいらない。祖父の養子であるロスが、一族の帝国を引き継げばいい。だが遺言の内容にジーナは耳を疑った。ロスと彼女の結婚を条件に、財産が分与されるというのだ。

内容(「MARC」データベースより)
ここは私のいるべき場所ではないわ。豪華な調度に囲まれた部屋でジーナは気後れしていた。ジーナは生れ落ちてすぐ養女に出され、死期の迫った祖父が苦労して彼女を探し出し、ほんのわずかの言葉を交わした後、亡くなったのだ。

愛と憎しみのギリシア (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
両親の葬儀が終わったあとも、レイチェルは墓地にたたずんでいた。義父の親族の、蔑むような視線がいまなお胸を締めつける。義父マサイアスは、欲深い妻によって破滅したも同然だった。そしてレイチェルは、その妻の娘なのだ。そのとき、セバスチャンの姿が目に飛び込んできた。親族の中で、彼だけがやさしくしてくれた。何年も前から、レイチェルはそんな彼に心を寄せるようになった。「心からお悔やみを申しあげるわ」レイチェルは思わず声をかけた。彼も、親しいマサイアスの死に打ちひしがれているように見えたからだ。だが、こちらに向けられたセバスチャンの冷たい目を見て息をのんだ。

内容(「MARC」データベースより)
両親の葬儀が終わったあとも、レイチェルは墓地にたたずんでいた。義父の親族の、蔑むような視線がいまなお胸を締めつける。義父マサイアスは、欲深い妻によって破滅したも同然だった。そしてレイチェルは、その妻の娘なのだ。

デイジーの小さな願い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デイジーは、控えめで物静かな目立たない娘。海辺の小さな町で、父親の骨董店を手伝っている。初恋に破れ、悲しい気持ちで浜辺を散歩していた彼女は、すてきなオランダ人の医師ユールス・デル・ホイズマに出会った。彼は数回店を訪れ、デイジーはひそかに恋心をいだいた。ある客の買い上げた品をオランダまで運ぶことになった彼女は、夜のアムステルダムで偶然ユールスと再会した。ただし…運河に落ち、助けを求めた彼女の手をユールスがつかんでひっぱり上げるというさえない状況で。その後も重なる偶然に、デイジーは胸の思いを抑えようと必死だった。一方のユールスは、わがままな婚約者の相手をしながらも、デイジーのことばかり考えていたのだが。

Book Description
A brand-new romance for springtime. Let international bestselling author Betty Neels sweep you away into a world of bliss with this wonderfully romantic, brand-new novel . . . Daisy Gillard led a quiet life in her father's little shop, until the handsome pediatrician Mr. Jules der Huizma swept her away to Holland! It was a secret joy for Daisy that Jules seemed to want to spend time with her. But Daisy knew her feelings couldn't lead anywhere, because Jules was promised to another woman . . . But he was so attentive and charming, Daisy was starting to hope that she would become Jules's bride . . .
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

苦い別離 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくたちは、やり直すべきだ」突然現れた別居中の夫ジェレドの言葉に、テレーザはうろたえた。わたしが家を出て一年半もたつというのに、いまさら会いに来て、そんなことを言いだすなんて!ふたりは出会ったとたん恋に落ち、三カ月後には挙式した。しかし、幸せな結婚生活は長くは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。こちらを見つめる彼の瞳にはまだ情熱が宿っているけれど、わたしはもうこれ以上傷つきたくない。テレーザは彼から逃れようと、一歩あとずさった。

内容(「MARC」データベースより)
突然現れた別居中の夫ジェレドにやり直そうと言われ、テレーザはうろたえた。ふたりは出会って3ヵ月後には挙式したが、幸せは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。もうこれ以上傷つきたくない。テレーザは一歩あとずさった。

愛が舞い降りる聖夜―情熱の国の人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
竜巻のように激しく情熱的な男性。アロンソは、内気で臆病なソフィーにとってあまりに危険だった。だから彼の求愛から逃れ、もっと安全な男性と結婚した。夫には心から愛されなかったけれど。それにしても、夫が何者かに殺されて二年がたった今、アロンソが再び現れるなんて。惨めだった結婚生活が終わり、お金にも困っている現状を見られるのはつらい。そしてソフィーを見つめる彼の瞳は変わらずに訴えるのだ―きみはずっとぼくのものだ、と。

内容(「MARC」データベースより)
激しく情熱的なアロンソは、内気で臆病なソフィーにとってあまりに危険だった。だから彼の求愛から逃れ、もっと安全な男性と結婚した。それにしても、夫が何者かに殺されて2年がたった今、アロンソが再び現れるなんて…。

二人のミレニアム (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夫のモーガンが生きているですって!モーガンは四年前、新妻だったフリスを置いてアフリカに行き、内戦に巻きこまれて死亡したと信じられていたのだった。命を絶ちたいと思うほどの苦しみからようやく立ち直り、フリスは田舎町で教師として新しい生活を始めていた。精神的に支えてくれた牧師グレアムと婚約もした。モーガンへの愛は力強く情熱的で嵐のようだったが、危険を冒して旅立った彼には今も許しがたいものを感じている。一方グレアムは、もっと穏やかな愛のかたちがあると教えてくれた。しかし、複雑な思いを胸に再会したモーガンはフリスを圧倒した。その荒々しい男性的魅力は四年前のままだった…。

罪深き美女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南太平洋に浮かぶ島のリゾートホテルで働くアリーは、新しいオーナー、スレイドの冷酷な態度に困惑していた。アリーが彼の継母を恐喝したと誤解しているのだ。だがそんな態度とは裏腹に、向けてくるまなざしは灼熱の太陽のように熱い。ある日スレイドは、経営不振のリゾートホテルを存続させて島民を救う見返りに、愛人関係を結べと言ってきた。「なにも、きみは可憐で無垢な乙女じゃないんだし」軽蔑の言葉が発せられた次の瞬間、彼の唇が重なった。

内容(「MARC」データベースより)
南太平洋に浮かぶ島のリゾートホテルで働くアリーは、新しいオーナー、スレイドの冷酷な態度と、裏腹な熱いまなざしに困惑していた。ある日スレイドは、リゾートホテルを存続させる見返りに、愛人関係を結べといってきた…。

王女にキスを (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エリアソン国の王女パーカーは衆目にさらされることにくたびれ、アメリカで一般人になりすまして生活していた。ある日、彼女がウエイトレスとして働く喫茶店に、ジェイスという名の謎めいた男性客がやってきた。美形の彼に意味ありげな視線を送られ、パーカーはときめいた。それからは彼のことばかりを考え、夢にまで見る始末だった。だが翌日、偶然彼女はジェイスの正体を知る―帰国しない娘の身辺を探るために国王が送り込んだ探偵だったのだ!パーカーは怒りに震えるとともに屈辱を覚えた。

内容(「MARC」データベースより)
エリアソン国の王女パーカーは、アメリカで一般人になりすまして生活している。ある日彼女は、勤務先の喫茶店にやって来た、謎めいた男性客にときめく。しかし彼の正体は、帰国しない娘のもとに国王が送り込んだ探偵だった!

王子様は、ある日突然 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
私を救う白馬の騎士。夢じゃない。彼は本当に私のナイトだった。オードリーは自分にはまったくとりえがないと思っていた。だから不誠実なラッセルに甘い言葉をささやかれただけで、夢中になってしまったのだ。だが彼の裏切りを知ったとき、別れることにためらいはなかった。裏切られてもつきあい続けたら、誇りまでなくしてしまう。彼女が別れを告げたとたん、ラッセルは豹変した。「誰が君みたいなつまらない女を相手にするもんか。僕がつきあってやったのは、君が社長の娘だったからさ!」ショックと屈辱に青ざめたそのとき、ひとりの男性が現れ、オードリーの恋人だと名乗った。とびきりのハンサムで、危険なほどセクシーなこの人は誰?白馬に乗った騎士?女の子の誰もがあこがれる夢の王子さま?だけど、彼は初めて会う人で、私の恋人でないことだけは確かだ。

内容(「MARC」データベースより)
「僕がつきあってやったのは、君が社長の娘だったからさ」 ラッセルの言葉にオードリーが青ざめたそのとき、ひとりの男性が現れ、オードリーの恋人だと名乗った。初めて会うこのハンサムな男性は誰なの…。

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ

ooo神奈川いいとこじゃん!ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo Rest for a momentooo 鶯谷・うぐいすだにooo 千葉の事。ooo AV・カメラ・PCooo 千葉の酒蔵ooo ショッピング 検索ooo あまーい千葉スイーツタワーooo ひんやりooo フード、ドリンク.コレクションooo パンマニアーナ@千葉市ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo 歴史千葉ooo AKIBA-JUNKooo 千葉蛸・たこ焼き大好きooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo 上野情報.comooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo